入場料無料で気軽に立ち寄れる。京エコロジーセンターで環境問題を考える。です。京都の遊び場、穴場スポットのご紹介。

京都の遊び場

入場料無料で気軽に立ち寄れる。京エコロジーセンターで環境問題を考える。17.02.23

入場料無料で気軽に立ち寄れる。京エコロジーセンターで環境問題を考える。

京(みやこ)エコロジーセンターは、伏見区にある環境学習ができる施設。

環境に関するさまざまな体験型展示や、太陽光発電・雨水利用・地熱利用などの省エネルギー・省資源型の設備を通して、建物全体でエコを学べる場所となっています。

「環境問題について学ぶ」というと少し難しそうに思えますが、館内には遊びながら楽しく学べる工夫がいっぱいで、子供でも充分楽しめます。

全てのフロアで楽しく学べる

>館内には環境に関するたくさんの展示があり、まさに遊んで学べる空間になっています。

まず、1Fの「エコロジー体験コーナー」では自転車型の発電機や、日本で1人が1日に使う資源量と重さ比べをするシーソーなどがあり、ちょっとした遊具感覚で遊べます。

2Fにはいろいろな団体や企業による環境をテーマにした展示を行う「企画展コーナー」や、親子で楽しめる「エコパーク映画館」のある「情報コーナー」などが、3Fには絵本や図鑑・専門書など、環境に関する図書や映像資料が閲覧できる「環境図書・ビデオコーナー」、積み木や輪投げなどのおもちゃで遊べる「こどもひろば」があり、小さいお子さんでも楽しめるようになっています。

屋上の小さな自然で生き物を観察

さらに屋上には自然いっぱいの「ビオトーブ」が。
ビオトーブとは、さまざまな生物が生息する空間のことで、京エコロジーセンターでは「自然と人がふれあい学ぶ場」としています。

田んぼや畑が作られ、たくさんの野菜や草花・生き物を見ることができます。

こちらには太陽光パネルも設置されており、約5世帯分にあたる電力を発電しています。

楽しいイベントも要チェック!

また使わなくなったおもちゃの交換会や、たくさんの木のおもちゃで自由に遊べるイベントなど、子供向けのイベントも定期的に開催されているので、イベントの日に合わせてお出かけすればより楽しめます。

飲食については、3Fの交流コーナーでのみ可能ですが、売店や自動販売機はないのでお弁当など持込となります。

遊びながら環境について学べ、しかも無料!
ファミリーにはうれしい施設です。

DATA

施設名 京エコロジーセンター(みやこえころじーせんたー)
住所 〒612-0031
京都市伏見区深草池ノ内町13 (※青少年科学センターすぐ隣)
電話番号 075-641-0911
アクセス 京阪電車:「藤森」駅で下車、西へ徒歩約5分。
地下鉄烏丸線・近鉄京都線:「竹田」駅で下車、東へ徒歩約12分。
京都市営バス:【105】【南5】【臨南5】【南8】号系統で「青少年科学センター前」バス停下車、南へ徒歩2分。
最寄駅 京阪電車「藤森」駅
地下鉄烏丸線・近鉄京都線「竹田」駅
市バス【105】【南5】【臨南5】【南8】号系統「青少年科学センター前」バス停
営業時間 9:00~21:00(1・2Fの展示は17:00まで)
定休日 木曜日(祝日の場合は翌金曜日)・年末年始
ホームページURL https://www.miyako-eco.jp/
駐車場 駐車場なし
※近隣の有料駐車場をご利用ください。青少年科学センターの駐車場には停めないでください。
備考 ・入館料無料。
・雨でもOK
・オムツ交換台あり
・ベビーカーOK
・飲食物持込OK
・乳幼児から小学生までOK
・駅から徒歩5分圏内
・科学館、博物館
  • 広告
  • 広告
PageTop

CATEGORY

こちらもオススメ!京都の遊び場!

広告